ある女子大教授の つぶやき

日常の生活で気がついたことを随想風に綴ってみたいと思います。
<< 女の一生 2部 | main | 追い込まれた戦い >>
財政問題は日本にはない1
1.財務省は根本的に間違った情報を発信している。「国の借金は1000兆円を超えた。このままでは、財政は破綻する」という言説だ。「消費増税はやむをえない」「公共事業はさらに減らすほかはない」「震災地復興のためには財源を探すことが必要だ」「社会保障費は削減するほかはない」となる。

2.デフレ促進、行政サービスを削減、国民の社会権を脅かす結論となる。1997年の消費増税5%から二十年間、険しい道を歩み続けてきた。デフレ脱却途上で8%で実質賃金は減り、公共事業が削減され災害に脆弱な国土と化し、年金や失業保険や社会保障は手薄くなり、被災地はほったらかしにされた。

3.そもそも、「国の借金」は、実は財務省のトリックで、正確には、「政府の借金」だ。「国の借金」はない。日本国の対外純資産は360兆円あるから日本は世界一の金持ち。「政府の借金」1000兆円=国債1000兆円で財政破綻が起こったら、国債1000兆円分の全額が支払い不能となる。

4.日本国債は100%が自国通貨円建てだ。日本政府は日銀を通じて必要なだけの円をいくらでも発行できる。政府は通貨発行権をもつから、国債費がいくら膨大になろうとも、日本国債に財政破綻は起こらない。ユーロ建ての国債の支払いができなくなった希臘とはわけがちがう。日本には通貨発行権がある。

5.政府借金は日銀の国債買い取りによって減らすことができる。日銀は日本政府の子会社だから、子会社の日銀が買い取った国債、即ち日銀の政府に対する債権は、親会社である政府の日銀に対する債務と相殺される。連結会計のイロハだ。

6.日銀が買い取った国債の総額分だけ、政府の借金は実質的に減る。会計理論上のごく自然な結論だ。実務上、日銀は国債の満期日から10年経過して請求権が消滅するまでだまって国債を持ち続ける。日銀は、年80兆円の規模で国債を買い取えう。異次元緩和だ。
7.日銀が現在保有する日本国債は300兆円超。その分だけ、政府の借金はチャラになる。日銀は、目下年80兆円のペースで政府の借金をどんどん減らしている。インフレ目標2%は当分達成できそうにないから、この先数年間はこの調子で推移する。目標は2019年と総裁は言う。

8.「1000兆円−300兆円=700兆円でも、借金の額としては巨額だ。財政破綻があるかどうかは別として、巨額の借金は良くないという反論があるが、実は「1000兆円」という金額そのものがフィクションだ。財投と建設国債410兆円を「政府の借金」に含めるのは理に適っていない。

9.財投(160兆円)は特殊法人が使う、特殊法人が使ったカネを「政府の借金」にするのがおかしい。特殊法人が使ったカネは特殊法人が返す。建設国債(250兆円)を「政府の借金」に含めるのもおかしい。建設国債は高速道路・新幹線・リニア・橋・ダム・港湾などインフラ建設で税収が増えペイする。

10.1000兆円−国債買取り300兆円−財投・建設国債410兆円=290兆円と借金は大幅に減る。借金には総額と純額の二つの考え方があり、総額では290兆円ですが、純額となると、政府の資産合計は約650兆円で、資産650兆円−負債(借金)290兆円=純資産360兆円で借金が消滅。

11.以上が「日本に財政問題はない」という話だ。 財政破綻という迷信は、日本に数々の不幸をもたらし続けてきた諸悪の根源だ。この「迷信」の呪縛から自由になれたら、全体としてもっと豊かな暮らしができる端緒となる。「迷信」の垂れ流し続けているマスコミは、万死に値する。

12.最後に、財政破綻の定義〈国債の金利が上がりすぎて、国債の利払いや償還(返済)に充てる経費、すなわち国債費の支払いがままならなくなること〉。国の借金=国債の金額がふくらみすぎたら、国債に対する信用が低下し、高い金利でしか、だれも国債を引き受けなくなる。財政破綻論者は主張。

| - | 05:03 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
スポンサーサイト
| - | 05:03 | - | - | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iiaoki.jugem.jp/trackback/6810
トラックバック
SPONSORED LINKS
PROFILE
LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
新着コメント
新着トラックバック
MOBILE
qrcode