ある女子大教授の つぶやき

日常の生活で気がついたことを随想風に綴ってみたいと思います。
<< 麻と大麻 | main | 成長の方向性 >>
マンがやアニメの世界制覇
MANGA人気
1.日本のアニメやマンガは世界中で大人気だ。ドラゴンボール、NARUTO‐ナルト‐、キャプテン翼、ONEPIECE(ワンピース)、北斗の拳、美少女戦士セーラームーン、ドラえもんなど。MANGAは今や世界共通語だ。絵がきれい、物語が面白い、敵を倒す爽快感だけではない何かが隠されている。

2.それだけでは、なぜ日本のアニメなのか説明がつかない。海外にはなくて、日本にある何かがあるから世界中の若者たちの共感を得、また支持されているに違いない。海外にはない日本的要素は日本人であれば誰でも理解し持っているある種の共通観念、つまり差別のない対等意識だ。

3. 世界中で大ヒットしている日本アニメやマンガには、どの作品にも主人公とその仲間たちが登場し、仲間たちには夫々に個性があり、ケンカに強い弱い者、優しい性格、確り者、泣き虫、エッチな者もいる。仲間たちは個性があり、特徴があり、ひとりひとりが異なっている。けれど彼らは全員、主人公が属するグループの中で対等な関係にある。先生と生徒のような師弟関係でも立場の違いであって仲間同士の対等な関係という横のつながりが根底にある。この関係を軸とする主人公側に対して、必ず敵対する勢力が登場する。

4.およそどの日本アニメにも共通するパターンだ。そして面白いことには、この敵キャラ、もしくは敵勢力にも、共通している事柄がある。それは、敵のほぼ全てのキャラが「ボスとその手下たち」、つまり「支配と隷属」という縦の関係にある事だ。横と縦、対等と支配、で分かりやすい構造となっている。

5.源氏物語、平家物語、今昔物語など千年にも渡り語り継がれきた話の骨子は勧善懲悪、四海平等、自然愛好などという日本文化に根ざした物語の構造だ。これがマンガやアニメに取り入れられていている。つまり、世界は謙譲美徳、譲り合いの精神、勿体無い思想など日本古来の伝統文化が支えることが可能と示唆しているように思う。
| - | 23:11 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
スポンサーサイト
| - | 23:11 | - | - | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iiaoki.jugem.jp/trackback/6688
トラックバック
SPONSORED LINKS
PROFILE
LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
新着コメント
新着トラックバック
MOBILE
qrcode