ある女子大教授の つぶやき

日常の生活で気がついたことを随想風に綴ってみたいと思います。
<< 諸悪の根源はPB制約だ | main | 量子力学の解釈10 >>
日米貿易摩擦
30年前の繰り返しだ
1.「アメリカの対日貿易赤字」を放置し続けていたことのツケがきた。財政出動をして内需を拡大しておけば、対日貿易赤字は縮小できたはずだ。財務省が財出せず緊縮に走りまくるという愚かな振る舞いやってきた報いだ。対日貿易赤字を縮小させる有効手段は財出による内需拡大だと再度確認する。

2.米国は日本の自動車、農産物の市場開放を求める意見書をWTOに提出した。米国にとって貿易赤字が2番目に大きい国で対日赤字に深刻な懸念を表明している。日米経済対話で市場開放を迫り、WTOの日本の貿易政策審査に合わせ、日本の貿易政策に関して懸念を公的に表明した。

3.自動車市場の規格、認証制度などを非関税障壁と主張し、米自動車メーカーが不利な立場にあると表明した。日本の農産物市場についても高関税などで保護していると批判し、日本の実効性のある構造改革は貿易不均衡の是正につながるとした。医療、労働規制改革で、一層の経済開放を迫るともしている。

4.今回の米国の主張はこれまでにも聞いたはずだ。それは1980年代の日米貿易格差で、レーガン政権が双子の赤字解消で日本の協力を促した時と、全く同じ主張だからだ。これを聞き入れた日本は、なかなか米国の思うようにならず、バブルをひこ起こされて潰され30年にも渡る禍根を残してきた。日本はいつも真面目に努力しているが、いつの間にか悪者扱いにされる。この時にも、その後、米国の株価は5倍になっているが、日経平均は0.5倍だ。GDPでは米国は3倍だか、日本は横ばいだ。今度こそ、馬鹿な役人の頭ではない舵取りをしていきたい。
| - | 05:18 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
スポンサーサイト
| - | 05:18 | - | - | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iiaoki.jugem.jp/trackback/6687
トラックバック
SPONSORED LINKS
PROFILE
LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
新着コメント
新着トラックバック
MOBILE
qrcode