ある女子大教授の つぶやき

日常の生活で気がついたことを随想風に綴ってみたいと思います。
<< 世界一の債権大国 日本 | main | 中国からの資金流出 >>
日本の目標は明確だ
目標は明確だ
1.仏大統領選挙で国民戦線のルペンが勝つか否かは世界の歴史を大きく変える。ルペン候補はEUからの離脱を問う国民投票実施を公約の第一に掲げている。ある程度の距離を置いていた英国とは違い、仏がEUから抜けたら、人類の歴史上、最も完成されたグローバリズムの国際協定(EU)は瓦解する。
2.ルペンは第一回の投票では勝ち、決選投票では国民戦線以外の政党が大同団結し敗れる。ルペンもまたツイッターを活用、フォロワー数は、130万に達している。仏国民がいかなる決断を下すのか、現時点ではわからない。仏第一を掲げるルペンか、EU結束を呼び掛けるマクロンか両者が決選で戦う。

3.世界は「今日、何が起きるか分からない」時代を迎えている。韓国の混迷、トランプの登場など人々は予想していなかった。そんな中、日本は何を指針にすればいいのか難しい話ではない。日本国民の所得が増える、即ち日本国民が豊かになる日本国を取り戻し、将来世代に引き継ぐ道しかない。
4.未だに政財界、マスコミ、更には国民は「グローバリズム前提」の思考に囚われている。1980年頃、日本は独自の社会システムを構築し、21世紀は日本のもので、GDPで米国を抜くとまで言われていた。英国病の英国、双子の赤字の米国から支援しろと言われて、グローバル化を押し付けられた。

5.その結果、失われた30年となり、GDPは低迷し、個人所得は伸びなかった。その間、米国では株価は5倍、GDPは3倍となってしまった。幸い、資本力、技術力、創造力は日本にはあるのだから、2050年には、米国学者の予言どおり、日本の世紀とすることは可能である。
| - | 05:48 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
スポンサーサイト
| - | 05:48 | - | - | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iiaoki.jugem.jp/trackback/6665
トラックバック
SPONSORED LINKS
PROFILE
LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
新着コメント
新着トラックバック
MOBILE
qrcode