ある女子大教授の つぶやき

日常の生活で気がついたことを随想風に綴ってみたいと思います。
<< 財政破綻はない | main | 財政健全化を達成した >>
納税について
納税義務について考える

1.確定申告の季節だ。教育、勤労、納税は憲法26条、27条、30条にある国民の三大義務だ。この中で最も意識の薄い納税について考えてみる。日本では給与銀行振込みが普及しているから給与明細を毎月手にしても、あまりよく見る人はいない。見たとしても税金が多い事をぼやくぐらいであろう。

2.日本以外の先進国G7では給与所得者の源泉徴収とか年末調整はない。年度末に支払う税金は新入社員から社長まで全ての人が毎年、個々に確定申告する。この制度は余計な手間がかからないが、その分だけ国民の税金に対する意識、節税とか税金の使われ方の感覚は低くなる。役人や為政者の狙いだ。

3.源泉徴収とか年末調整とか言うシステムは、ナチスの制度を導入したものだ。戦争費用を効率よく集める手段として、1941年の太平洋戦争直前に導入された。国税の規則によれば、給与所得者は所得税をとられていても、納税者は勤務先であり、単に税というカネを負担しているにすぎない。

4.日本の法律の全ページを100とすると、そのうち80は税法だ。税金に関する法律は複雑怪奇で、一般国民には分からないようにできている。これも為政者の狙いだ。所得税に関する法律は常に増税となるよう改定されている。

5.つまり給与所得控除を引き下げるなど、絶えず財務省の役人たちは、いかにして税収アップを図るかの企みを考えている。確定申告の機会に、国民の義務である納税について少しは考えてみよう。何か節税のヒントがあるかもしれない。三木義一著「サラリーマンのための所得税入門」光文社新書¥760.


| - | 05:03 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
スポンサーサイト
| - | 05:03 | - | - | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iiaoki.jugem.jp/trackback/6663
トラックバック
SPONSORED LINKS
PROFILE
LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
新着コメント
新着トラックバック
MOBILE
qrcode