ある女子大教授の つぶやき

日常の生活で気がついたことを随想風に綴ってみたいと思います。
<< 納税について | main | 日米関係の日本の方針 >>
財政健全化を達成した
1.日銀は日本政府の子会社であるため、日銀保有分の国債等は連結決算で相殺だが、それにも関わらうず日銀保有の国債等を「政府の負債」に入れるとは「返済も利払いも不要な債権を負債総額に積み上げ全体を大きく見せている」という話になる。負債を大きく見せたいだけのことだ。

2.中央政府の負債総額から、日銀保有の国債・財投債・国庫短期証券を省いた「政府の実質負債」をGDPと比較した下図グラフ、つまり「政府の負債対GDP比率、実質負債対GDP比率の推移」は次のようになる。

3.日本は既に「財政健全化」を達成した状況だ。PBの黒字化ではなく、日銀の量的緩和政策の影響だ。 日本政府は無意味なPB目標を破棄すると同時に「政府の負債」の定義を「政府の実質負債」に変更するべきだ。その瞬間に「財政健全化達成」となりデフレ脱却に向けた財政拡大の障害が消滅する。

4.この図より、日本はすでに、財政健全化を達成している。PBとは政府の歳入(税収・税外収入)と国債関連費用を除いた歳出を比較し、収支を見たもので、PBが均衡しているとは、政府が(国債関連費用以外は)支出を全て税金で全て賄っており新たな負債は増えていない」という意味だ。

5.PBの黒字化とは、政府は「新規国債を発行するな」という話でもあるし、或いは政府の負債を「減らせ」でも同じだ。経済成長する限り、政府の負債とは増えるものだから、おかしな話だ。財政健全化の定義は、政府の負債が減ることではなく、政府の負債対GDP比率が減少することだ。

6.政府の負債対GDP比率は「名目GDPの成長率」 「国債金利」「PB」の三つの要因で決まる。PBが赤字でも、名目GDPが十分に成長すれば、政府の負債対GDP比率は下がる。「政府の負債」に、返済も利払いも不要な「日銀保有国債、財投債、 国庫短期証券」までも含まれている異常さだ。
| - | 05:02 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
スポンサーサイト
| - | 05:02 | - | - | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iiaoki.jugem.jp/trackback/6662
トラックバック
SPONSORED LINKS
PROFILE
LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
新着コメント
新着トラックバック
MOBILE
qrcode