ある女子大教授の つぶやき

日常の生活で気がついたことを随想風に綴ってみたいと思います。
<< 日米関係の日本の方針 | main | 世界一の債権大国 日本 >>
映画「沈黙」の意味
1.「あなたはなぜ黙ったままなのですか」という訴えだが、キリスト教の神は超越的存在なので信徒に語りかけてくることはありえない。原作では神は現世的な「弱い者の味方」として描かれる。イタリア系のスコセッシ監督だから、日本の土着信仰キリシタンを「神仏習合」と理解した。

2.遠藤周作著『沈黙』を原作とする映画だがスコセッシ監督は「28年前に原作を読んだときから映画化したかった」という。 小説も映画もフィクションだから、キリストを論じても全く意味がない。神とか宗教に対する考え方の一つのモデルとしては、混迷する現代の宗教紛争へ問題を投げかけている。

3.江戸初期の日本に渡ってきたポルトガル人宣教師の目を通し、人間にとって大切なもの、人間の弱さとは何かを描き出した。日本で棄教したとされる師の真相を確かめるため若き宣教師のロドリゴとガルペ。マカオで出会った日本人キチジローを案内役に長崎へ上陸し弾圧を受けながら信仰心と向き合う。

4.ハリウッドの名巨匠スコセッシが、1988年遠藤周作と出会い、その時以来、映画化の構想を練っていたという。撮影は主に台湾で行われたので日本の風景以上に原作が強調された映像となっている。遠藤周作も監督もカトリックだが、原作は基督教関係の学校では禁書となっているところもある。物語として映像も素晴らしく、早くもアカデミー賞候補となっている。



| - | 05:50 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
スポンサーサイト
| - | 05:50 | - | - | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iiaoki.jugem.jp/trackback/6659
トラックバック
SPONSORED LINKS
PROFILE
LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
新着コメント
新着トラックバック
MOBILE
qrcode