ある女子大教授の つぶやき

日常の生活で気がついたことを随想風に綴ってみたいと思います。
<< 早く豊洲に決着を | main | 「日本経済の「質」はなぜ世界最高なのか」 >>
国と民族を守る気概
1.北米のインデアンは800万人いた。今は30万人で人口の95%が失われた。その30万人も純血種は皆無、全員白人との混血だ。チベットもそうで、人口600万人の仏教徒は1949年、建国した中共の人民解放軍に虐殺されて3割が消えた。現在チベット人純血種は200万人で、強姦で混血した。
2.もし日本が、明治以降に軍国主義をとらずにいたら。幕末の頃の日本の人口は3千万人で、純血日本人は600万人しか残らない。多民族によって支配蹂躙されるというのは、そういうことだ。

3.リオ五輪参加国は205ヶ国、昭和39年東京では93ヶ国、最初の五輪1896年のアテネでは14カ国、1936年のベルリンでは49ヶ国だ。世界には、それしか「国」がなかった。東亜では、ベトナム、ラオス、カンボジアは仏領、インドネシアは蘭領、インドやビルマは英国領、比国は米国領だ。
4.独立国でないと五輪参加資格はない。植民地では教育も文化もスポーツも全て否定されていた。この200年間の間に、そのうちの60あまりの国家が消滅した。10数カ国は自発的に他国と合併され、残る51カ国は近隣諸国からの軍事侵略によって消滅した。もし日本が植民地になっていたら、結果は同じだ。

5.現在を生き、未来を拓くために、過去の歴史をひもとき学ぶ場合は、その歴史の当事者の立場に我が身を置いて自分ならどうする、もし違う選択をしていたならどうなった、現代に置き換えてみるとどうなるのか、と考える習慣が必要だ。東亜諸国は欧米が植民地支配しなかったら、どうなっていたのか。
6.世の中にあるものを二つに分け、両者の対立をあおり、片側がもう一方の側を抹殺し奪い去るという共産主義の発想だ。共産主義の詐欺性や欺瞞性は証明されているが、二律相反対立思考が日本人の中に生きている。異常な思考法だ。日本の軍国主義のおかげで、私たちはこの世に生を受けることができた。

7.日本が軍国主義だったから世界の有色人種が開放され、人種の平等の世界が誕生した。日本が軍国主義だったからこそ、戦後70年の長きに及ぶ平和と繁栄を、戦後の私たちは享受することができた。日本は軍国主義に戻れでhなく、学びを得てこれからの未来の日本を、どのように築いていくべきなのだ。
8.右も左もなく、みんな同じ日本人で、その同じ日本人同士が、我が妻を、我が子を、我が孫を、決して不条理に蹂躙されることがないように、しっかりとした国つくりをしていく。それこそが、「学ぶ」ということの最大の意義である。
| - | 05:59 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
スポンサーサイト
| - | 05:59 | - | - | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iiaoki.jugem.jp/trackback/6646
トラックバック
SPONSORED LINKS
PROFILE
LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
新着コメント
新着トラックバック
MOBILE
qrcode