ある女子大教授の つぶやき

日常の生活で気がついたことを随想風に綴ってみたいと思います。
<< 日本の目標は明確だ | main | トランプと日本の進むべき道 >>
中国からの資金流出
1.中国から巨額資金が流出し、米市場へとなだれこむ。米国第一主義のトランプは「沈む中国」を踏み台にしている。中国からの純資金流出(流出と流入の差額)と米株価の推移をみると、その連動は米大統領選前から際立っている。中国からの資金流出は膨らみ続け11月までの12カ月合計で1兆ドルだ。

2.流出には、中国企業による米欧企業買収や旅行者の「爆買い」も含まれるが、当局の取り締まりをくぐり抜けた資本逃避が5千億ドルに上ると推計される。資金流出は外国為替市場での元売りを伴い、元相場を暴落させかねない。中国人民銀行は外貨準備を取り崩して元を買い支えている。

3.逃避資金の大半はドル資産となって香港、ケイマン諸島など租税回避地(タックスヘイブン)に移る。最終的にはドル金融の総本山、ニューヨーク・ウォール街を潤す。債務国米国は、年間で約1兆ドルの外部資金流入を必要としているが、その多くは中国発の逃避資金で賄われる。

4.トランプは中国の通商、通貨や南シナ海への軍事進出などについて厳しく批判し、米政権が踏襲してきた「一つの中国」容認路線に束縛されない。背景には一方的な中国からの巨額資金奔流がある。09年の政権発足当初、米国債購入を北京に頼み込んで以来、北京に軟弱姿勢で一貫してきたオバマとは違う。

5.トランプは議会多数を占める与党共和党主流派とは金融規制の撤廃で一致している。ウォール街の盟主ゴールドマン・サックス出身の財務長官らが規制緩和を担い、外部資金の流入の障害をなくす。利上げも加わる。外部からの資金流入は今後さらに加速する。

6.中国からの資金流出は習政権による規制強化にもかかわらず衰えるメドはない。中国は依然として巨大な過剰設備と不動産の過剰在庫を抱えており、上海などでは不動産バブルの崩壊不安が漂う。通商、通貨、南シナ海問題など米中間の緊張が高まろうともトランプ相場はチャイナリスクによって支えられる。
| - | 05:37 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
スポンサーサイト
| - | 05:37 | - | - | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iiaoki.jugem.jp/trackback/6588
トラックバック
SPONSORED LINKS
PROFILE
LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
新着コメント
新着トラックバック
MOBILE
qrcode