ある女子大教授の つぶやき

日常の生活で気がついたことを随想風に綴ってみたいと思います。
<< 文章題の算数シリーズ(51) | main | 管理と安全 >>
原発停止
      5月5日に北海道泊原発が休止するから日本の原発50基はすべて運転休止となる。休止中でも冷却水を止める事は出来ないから、電気を使ってポンプを動かし続けなければならない。もしもこの間に福島のような事が起きたらアウトとなる。実は福島でも初めの地震で制御棒が働き核反応は停止していた。だから、原発がすべて休止しても、脱原発派が歓声を上げるほどのことではないと思う。
     原発がなくても日本の電力は十分と言う根拠は理解できない。事故の起こる1年前までは電力の30%を原発が供給していたはずだ。これをすべて別のエネルギー源に頼らなければならないが、頼りになるのは火力以外にはない。どんな設備でも設備保全のためには定期点検が必要で、必ずある一定期間運転したら、休止しなければならない。だから、電力を安定的に供給し続けるには、冗長性すなわち余裕が必要だ。さらに、突然の故障も想定しておかなけらばならない。

   家庭用の電力については夫々に節電の協力をすることには誰でもやぶさかではないと思う。しかし産業用については、できるだけ生産に支障をきたすようなことは、日本の経済状況を維持するために、避けるべきだろう。エネルギー政策の転換はそう簡単にはできない。とりあえずは、準備の整った所から原発を再稼働させて、その間にこれからのエネルギー政策を十分に練り、将来の成長に齟齬があってはならない。
    
    
| 技術 | 05:13 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑TOP
スポンサーサイト
| - | 05:13 | - | - | ↑TOP
原発反対する人間が全停止で全てこれで安全だなんて思ってるあなたの認識がおめでたい。そして経済優先の古い思考回路。これから廃炉・燃料の安全撤去・使用済核燃料をどうするか。そもそも使用済核燃料の処理もできないまま原発稼働させてきたことが間違いなのだから、全停止によりそれが増えたくなったことだけで前進。あれだけ能無し各電力会社が電力が足りないなんて今更誰が本気するか。関西電力などはっきり原発稼働と電力不足や受給は関係ない切り離した問題と言ってしまっている。それに足りなくなるならそれでよし。福島原発事故で何の恩恵も無しに全て失った人がどれだけいる。原発利権で美味しい思いをしてきた人らや経済界政財界らが困るだけ。もう嘘は通用しない。原発は不要。地震国にあって原発の安全性なんてあるはずもない。それも分からないならあなたは頭悪すぎ。教授が聞いて呆れる。
| 私くらいましたが | 2012/05/06 1:40 PM |
原発で 検索中です。泊原発 定期検査。プログで 原発ゼロの日 スゴイ盛り上がりですね。政治研究会(名前検討中
| 謎の三文字☆村石太&アナライザー | 2012/05/05 3:18 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iiaoki.jugem.jp/trackback/4401
トラックバック
SPONSORED LINKS
PROFILE
LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
新着コメント
新着トラックバック
MOBILE
qrcode