ある女子大教授の つぶやき

日常の生活で気がついたことを随想風に綴ってみたいと思います。
<< 増税へ一直線 | main | 見捨てられた日本人 >>
平清盛のドタバタ
平清盛 
   第1回目の映像が8日に流れたが、予想していた通り、人物が入り乱れて、おおよその流れをつかんでいる人にとっても、例によって話が創作されているので分かりにくい。そもそも海で育った清盛と言うのも無理があるだろう。埃っぽい画面や残酷シーンも見苦しかった。案の定、史上最低の視聴率という。

 平家はなぜ簡単に滅んだか
   NHK大河ドラマ平清盛が始まる。日本史の中でも人物の動きが入り乱れて、理解しにくい場面が保元平治の乱に始まる平家の興隆と滅亡である。保元の乱1156年、平治の乱1159年、平清盛太政大臣就任1167年、鹿ケ谷の陰謀1177年、安徳天皇即位1180年、福原遷都1180年、源頼朝挙兵1180年、清盛死去1181年、平氏都落ち1183年、壇ノ浦の戦い1185年など僅か30年ほどの間に凝縮された激動の時代である。その中で、「平家にあらずんば人にあらず」と言われた清盛が全盛を極めたのは15年ぐらいの間だ。

    集団としては、上皇、法皇、天皇の皇族、摂関家などの貴族、武士団の三グループだ。それぞれのグループ内で分かれて争うから混乱する。例えば、保元の乱で、天皇方の「後白河天皇・藤原忠通・源義朝・平清盛」と上皇方の「崇徳上皇・藤原頼長・源為義・平忠正」が争って天皇側が勝利した。理解する鍵は天皇家の継承関係で錦の御旗を誰が担ぐかだから、先ずは天皇の系図を作成して頭に入れる。これで保元平治の乱の対立関係が明瞭となる。


  平家没落の芽は逆説的だが、清盛の娘徳子を高倉天皇の中宮に入れて、武士でありながら娘の産んだ安徳天皇の外祖父として権勢を誇ったことにあった。政権の経済的基盤として多くの知行国と荘園を所有して、ますます武士というより貴族的な性格を強めた。さらには宋との貿易でも利潤を稼いだ。この栄華が行政の乱脈と無駄遣いを生み、折からの天候不順で地方が疲弊して飢餓をもたらした。そのことを契機として、各地の武士団が反平家運動を起こし始めた。まさに「祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり 沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらわす おごれる人も久しからず ただ春の世の夢のごとし」と表現された通りだった。


平家物語1070-1190:文庫本による歴史物語(1)
| 歴史 | 18:39 | comments(1) | trackbacks(0) | ↑TOP
スポンサーサイト
| - | 18:39 | - | - | ↑TOP
平氏が滅んだのは平清盛というチームリーダーを欠いたからだと思います
平清盛は実は偉大な統率者だったのですね
藤原紀香氏は平氏の子孫です
| 平清夫 | 2012/01/28 7:56 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iiaoki.jugem.jp/trackback/4291
トラックバック
SPONSORED LINKS
PROFILE
LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
新着コメント
新着トラックバック
MOBILE
qrcode