ある女子大教授の つぶやき

日常の生活で気がついたことを随想風に綴ってみたいと思います。
<< 風評の出所 | main | グーグル対フェイスブック >>
地震予知の研究
地震の研究

  東大の地震研究所は1923年9月1日の関東大震災の後の1925年に発足した。当初は文部省に属していたが、昭和になってから東大に移り、本郷キャンパス安田講堂の裏側にひっそりと位置していてと思っていた。現在は農学部の北側に6,7階建ての1号館と2号館がある。M9クラスの地震にも耐える構造と言う。教授約25名、準教授以下研究員まで含めると100名にもなる大組織だ。

 

  

 

  ホームページの初めに次のような所長の挨拶が載っている。「地震研究所は,観測固体地球科学分野を中心とする先端的研究を推進し,地震・火山現象について新たな理解への道を切りひらき,災害軽減に貢献することを目指しています.これは、大正14(1925)の創立以来変わらぬ使命です.」。ところで、311災害に対して、どのように地震や津波の軽減に貢献したのか知りたいと思って、調べてみたが、これに的確に答えられる人はいないみたいだ。

 

  それでは、公表されている重点プログラムを覗いてみると下記のように記載されている。「今後30年以内に地震発生確率が高い地域や、発生した際に甚大な被害が見込まれる地域を対象とした重点プロジェクトを実施する」として、

1.首都直下地震防災・減災特別プロジェクト

2.ひずみ集中帯の重点的調査観測・研究

3.東海・東南海・南海地震の運動性評価研究

が挙げられている。驚くことに、三陸沖や東北地方は全く視野にすら入っていない。人件費も込みで、おそらく年間300億円もの国費を使って、311のような1000年に1度と言われるような地震すら警戒警報すら出せないようでは存在する価値が問われかねない。

 

  それでは、民間の宏観異常現象を調べてみると、様々な報告が各地から出ている。3月4日の夜に、茨城県鹿嶋市の下津海岸で小型のクジラ「カズハゴンドウ」52頭が打ちあげられた。さらに、3月8日にはM4の地震があり、気仙沼では津波が観測され、養殖カキの棚が被害にあっている。川崎市や仙台市ではカラスが3月8日ごろからどこかに消えてしまった。こうなると、地震学者はクジラやカラスよりも劣ることとなってしまう。それでも、さすがに観測網だけはかなりできているから、地震がどのようなメカニズムで起きたのか、後で講釈することだけはカラスよりも達者なものだ。

 

  日本にとって、首都圏を襲う直下型地震の予知は欠かせない。それには、クジラやカラスに頼るよりは、統計的なデータを見る方が少しは科学的であろう。安政の大地震は18551111日の午後10時ごろ、関東地方南部で発生したM6.9の大地震である。南関東直下地震であった。それから100年以内に再び地震が来るとの予報は、明治時代の後半には出されている。それが来たのが、192391日午前1158分の関東大震災である。

   それから
100年と言うと、2023年までに首都圏に何かが起こる可能性は誰も否定できない。311もそうだが、全く科学的根拠はないが1日とか11日に起きているのも不思議だ。また統計的には、三陸の後は南海、その次が関東という順になるケースも頭に入れておきたい。未だ地震予知は素人しか出来そうもない。

震源断層の破壊過程http://outreach.eri.u-tokyo.ac.jp/eqvolc/201103_tohoku/#gmsource


牧野日誌:福島原発状況の記録
| 学問 | 18:18 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑TOP
スポンサーサイト
| - | 18:18 | - | - | ↑TOP
地震計は100年前には既にあった。情報、停止、警報などは既に起きた地震を知らせる技術で、地震予知研究とは関係ない。
| はなこ | 2011/04/01 9:57 AM |
緊急地震情報、新幹線緊急停止、原子力発電の停止などを地震予知研究の成果と言う人もいるが、これは予知ではなくて、既に起きた事を感知しているだけだ。
| はなこ | 2011/04/01 9:41 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iiaoki.jugem.jp/trackback/3948
トラックバック
SPONSORED LINKS
PROFILE
LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
新着コメント
新着トラックバック
MOBILE
qrcode