ある女子大教授の つぶやき

日常の生活で気がついたことを随想風に綴ってみたいと思います。
<< 整数の入試問題 | main | 新たな日米関係 >>
誤発注の悲鳴
 

キーボードの責任ではない

  パソコンのキーボードの配置はタイプライターからきていることは想像できる。よく使う文字を傍に置くと、立て続けに傍のキーをうつことで、機械的なトラブルが起きないように配置されている。タイプライターが生み出された初期のころに、セールスマンがキーを示しやすいように、TYPEWRITERの文字は一番上の行に全部配置されている。3行あるうちの、下段中央には、BNMと並んでいるが、ここで、BMを打ち間違ったために、NYの証券取引で56日午後に大混乱が起きたという。Bはビリオン、Mはミリオンで、それぞれ100万と10億の単位である。

  

 

  僅か数分間でダウ平均が600ドルも下がった。売り注文を出すときにMBとすると、1000倍の売りとなるから、各証券会社が管理する超高速コンピュータの自動取引で、一斉に売りに出るからである。株価がある一定以上の割合で下がった場合に、損失を防ぐために自動的に売りを出すシステムで、売りは売りを呼ぶ仕組みが働いたと推定されている。


  
NY証券取引所では、この15分間で株価が60%以上変動した銘柄の取引を取り消す処置をとるという。もしかすると、打ち間違えではなくて、不正な利益を得る目的で、故意にした行為の可能性も捨てきれない。株価が下がることで利益を上げる仕組みもあるからだ。為替もこの間には大変動して、1ドル87円にまでドルは売られた。ギリシャショックのさなかに起きた、単なるミスショットであったことを祈る。

| ビジネス | 18:36 | comments(1) | trackbacks(0) | ↑TOP
スポンサーサイト
| - | 18:36 | - | - | ↑TOP
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2010/05/10 9:49 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
SPONSORED LINKS
PROFILE
LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
新着コメント
新着トラックバック
MOBILE
qrcode