ある女子大教授の つぶやき

日常の生活で気がついたことを随想風に綴ってみたいと思います。
<< 不適切な運営 | main | 推定無罪 >>
一太郎の運命
 

一太郎と98の終焉 

NEC98シリーズ1982年発売から15年間にわたり、総計2000万台という国民的パソコンであった。また、1985年に発売されたジャストシステムのソフト「一太郎」は日本語ワープロソフトの代名詞としてベストセラーとなっていた。

 

98シリーズはすでにその役割を終わっているが、一太郎にも運命の日がやってきた。パソコンは15年前と比べると遥かに高性能のものが500ドルで手に入る時代になっている。

 ソフトはマイクロソフトの
OSのウインドウズ95とともに世に出た「オフイス95」以来のワードやエクセルが世界を風靡してきている。このため、国産ソフトの一太郎は苦戦を続けてきたが、ついに身売りすることになった。


 一太郎は日本語変換機能としては、
MSのワードよりも数段優れているし、今でも愛用者は多いが、世界標準の地位を獲得したワードに比べて、日本国内だけのソフトとなってしまった。縦書き文化という日本語の機能は素晴らしいが、この機能を充実させたために、世界的な規格からは離れてしまったという皮肉な結末となった。


 1995
年をネット元年とすると、それ以前の世代の人には愛されたNEC98と一太郎の時代は過去のものとなってしまった。やがては、クローズドシステムをビジネスモデルとして成長してきたMS社も、オープンシステムとかクラウディング時代の到来とともに、消え去る運命かもしれない。IT時代の優勝劣敗は決着が速い。

| ネット | 15:09 | comments(3) | trackbacks(0) | ↑TOP
スポンサーサイト
| - | 15:09 | - | - | ↑TOP
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2009/04/20 11:12 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2009/04/18 11:52 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2009/04/18 9:33 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
SPONSORED LINKS
PROFILE
LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
新着コメント
新着トラックバック
MOBILE
qrcode