ある女子大教授の つぶやき

日常の生活で気がついたことを随想風に綴ってみたいと思います。
<< 冷戦終結会議 | main | アジア・太平洋水サミット開幕、地域の水害対策を協議 >>
グーグルホーンの参入
グーグルホーンの参入
 携帯電話への検索サイト大手のグーグルの参入が明確となってきた。すでに発表している携帯電話向けのソフト群「アンドロメダ」に続いて、米国政府が実施する無線周波数帯の入札への参加を表明している。これはテレビのデジタル化で空白となる周波数帯のことで、近じか競争入札が実施される。落札価格予想は5000億円で、これを手に入れれば、アンドロメダ搭載の携帯電話向けに高速通信網を整備したり、他の通信事業者に対しても周波数帯を販売することができるので、グーグルのビジネスモデル拡大へつなげることができる。
 
2008年には携帯電話市場に参入する計画で、 ドイツテレコム、中国移動、複数の日本の携帯電話大手はグーグルのソフトを搭載した携帯電話を販売するとしている。グーグルは当面、携帯電話を自社で製造する計画は立てていない。グーグルは米モトローラ、韓国のサムスン電子など30社とこの事業を進めていると明らかにしている。
JUGEMテーマ:ニュース


| ネット | 18:16 | comments(1) | trackbacks(0) | ↑TOP
スポンサーサイト
| - | 18:16 | - | - | ↑TOP
グーグルだから使用料は広告からとり、利用者にはハード代を出せば、あとはいくら使ってもただとなるのでしょうか。
| イチロー | 2007/12/05 8:14 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iiaoki.jugem.jp/trackback/1565
トラックバック
SPONSORED LINKS
PROFILE
LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
新着コメント
新着トラックバック
MOBILE
qrcode