ある女子大教授の つぶやき

日常の生活で気がついたことを随想風に綴ってみたいと思います。
日本と米国の後始末対比
日本と米国の後始末対比
 テレビや新聞で、日本と米国のバブル崩壊後の処理の時間的な対比が評論家の間で行われている。日本の処理の仕方に比べて、米国のやり方が素早いというのが大方の見方である。そうではなくて、日本はいつものように問題を先送りして、いよいよ切羽詰まるまで何もしなかっただけのことだと思う。
続きを読む >>
| 株式 | 17:22 | comments(1) | trackbacks(0) | ↑TOP
日本離れの原因
どうした日本
 1929年のアメリカの大恐慌に入る直前のダウ平均を取り戻したのは、それから25年たった1954年頃と思う。これは資本主義経済では企業家の叡智と技術革新で拡大再生産を遂げていくことが実証された例であろう。この例から推測すると、日経平均株価が最高値を付けたのは1989年の年末だったから、2014年には再びその値に到達することになる。しかし現状の日本を見ていると、あと6年で平均4万円になるとは誰も思ってはいないであろう。
 
続きを読む >>
| 株式 | 18:59 | comments(4) | trackbacks(0) | ↑TOP
デカップリング(非連動〉
デカップリング(非連動〉
 世界経済は地域や国によってそれぞれの経済事情に応じて、相互にはあまり影響しないということをデカップリングというようだ。中国、インド、ロシアなどの新興市場は先進国とは違ったそれぞれに内部成長の源があり、米国の景気後退の影響を回避して、欧米企業が受ける打撃を和らげることができると思われていた。
続きを読む >>
| 株式 | 21:53 | comments(1) | trackbacks(0) | ↑TOP
金融商品取引法
金融商品取引法
 消費者保護を目的とした金融商品取引法が9月30日に施行された。金融機関に対しては消費者の誤解を招くことがないように、商品の儲かる可能性と損する可能性についても同じ大きさの活字で、同等にバランスよく記載することが要求されている。また、購入者すなわち消費者にも、その商品の仕組みをよく理解して購入する姿勢が求められていることとなる。ところが、この法律の施行前後で、月間の投資信託契約額が1.5兆円から0.7兆円と半額以下にまで落ち込んでしまった。
続きを読む >>
| 株式 | 21:00 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑TOP
SPONSORED LINKS
PROFILE
LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
新着コメント
新着トラックバック
MOBILE
qrcode