ある女子大教授の つぶやき

日常の生活で気がついたことを随想風に綴ってみたいと思います。
IoTを包括するDXの本質

IoTを包括するDXの本質 

1 DXの本質 : 今までの「常識」を捨てろ

世界で最も豊かな大国だった日本は「平成の眠り」の間に、どんどん取り残された。その大きな理由の一つが、殆どの日本企業が、世界で起きている「デジタルによる産業構造の転換(DX)」を理解せず、DXを単なる「IT化」だと思っていることだ。今までの成功体験は通用しない。「常識」を捨て、新しい現実に向かい合うことが、新たな未来を作る鍵だ。

2 AIと働き方のDX : デジタルで「業務」が消える
10年で1000倍という指数関数的なスピードで進化する「デジタル」が破壊的技術として、全ての産業と社会を塗り替えていく。このデジタルの破壊力を理解する。

(1)既存産業を破壊し、そして新たな世界を拓く破壊的技術
(2)AIとロボットは、どこまで進化するか
(3)これから消える仕事と、働き方の未来
(4)既に破壊された情報関連産業と、これから破壊される産業

3 小売・飲食・物流業のDX : 新興企業が破壊する既存秩序

既にデジタルで大きくかわった小売業は、これからも更に変化する。また飲食と物流も、中国と米国からどんどん変化が置きている。その変化は、数年以内に日本にも伝わる。

(1)破壊王アマゾンと先行する中国
(2)OMO (Online Merges with Offline)が変える消費生活
(3)デジタルが塗り替える物流と金融業

4 生活と金融のDX : 新興企業が破壊する既存秩序

市民生活の姿も、これからは「デジタルの上で動く」という姿が当たり前になる。市民生活に欠かせない金融サービスも、デジタルでその姿を大きく変えていく。未来の市民生活の姿。

5 モノづくりのDX : 日本の強みが消える

製品がデジタル化すると共に、日本の繁栄を支えたエレクトロニクス産業は実質消滅した。今後のデジタルの進化は、加工製造のプロセスを激変させ、されに化学や素材産業にも押し寄せる。その破壊の波を直視する。

(1)デジタル化で沈没した「電子立国日本」
(2)AM(立体印刷)が変える「モノづくり」
(3)AIと量子コンピュータが塗り替える化学・素材産業
(4)知識社会における製造業の未来

6 エネルギーのDX : 無料となるエネルギー

「石油の世紀」が終わり、エネルギーの主役は自然エネルギーに交代する。文明と産業を支えるエネルギーが、世界を変える。

(1)エネルギーの主役は自然エネルギーに
(2)エネルギーを無料で無限に使える時代が来る

7 自動車とモビリティのDX : 自動車産業が消え、豊かな移動の世界が来る

自動車産業にも、100年に一度と言われる、破壊の波が押し寄せている。CASEとMaaSという2つの大きな波が、自動車産業、そしてモビリティの世界を変えていく。

CASE:Connected、Autonomous/Automated、Shared、Electric

MaaS:Mobility as a Service

(1)共有化と自動運転が、当然の世界に
(2)本命となる電気自動車
(3)MaaSが変える、自動車産業
(4)無料化する移動が、豊かなモビリティ社会を作る

8 建築と都市のDX : 自動化する建設と巨大化する大都市

コロナを契機に住宅やオフィスの姿は大きく変わりだした。建設プロセスも自動化の進展により変わる。世界ではまだ続々と巨大都市が誕生しつつあるが、自然回帰に再び価値が生まれる。

(1)建築プロセスの自動化
(2)巨大化する世界の都市
(3)知識社会で求められる都市の姿

9 医療のDX : 100年ライフ時代の医療

デジタル化された医療情報や生体情報が、医療を大きく変革していく。100歳まで生きる時代、デジタルが医療をどう変えていくのか、世界の先端技術の動向。

(1)今まさに起きている医療のパラダイムシフト
(2)リアルタイムで解読される生体情報
(3)ロボットとAIで編集される生命
(4)医療技術の社会実装

10 遺伝子と脳のDX : 生命デジタル化の最先端

医療の中で特に革命的な変化が起きているのが、遺伝子を素早く解読し、自由に編集する技術。それと脳と通信するという技術だ。人間そのものを変えるかもしれない、こうした新技術が生まれている。

(1)デジタル化する生命:遺伝子の解読と編集
(2)デジタル化する意識:機械と脳の接続

11 食と農業のDX :人と地球をいかに健康に長生きさせるか

食と農業は、飢えを凌ぐものから、健康を増進し、地球の環境を維持しつつ、世界の人口を養う使命がある。こうした矛盾した命題を、技術がどう解決していく。

(1)健康を増進し、地球を守る食の先端技術
(2)機械化待ったなしの農林水産業

12 人口動態と次の成長国 : 巨大な市場が誕生する

未来の変化を駆動するもうひとつの大きな変数が人口動態だ。明治以来150年間、急増してきた日本の人口は令和時代には減少する。その一方で、アジアの人口増加は豊かな中間層を育て、巨大な市場を生み出していく。

(1)日本社会は人口の逆回転にどう耐えられるか
(2)アジアとアフリカに登場する巨大で豊かな市場

13 知識社会の成長産業 : 豊かな未来をつくる新産業

農耕社会、工業社会に続く、現在の知識社会では、新産業が台頭・成長する。新しい産業の登場ともに、今まで傍流にあった産業も、次第に主役になっていく。

(1)知識社会化と共に進化・高度化する要求段階
(2)所有でなく共有が経済の基本となる
(3)物欲・所有欲は消え「自己実現産業」が新たな価値を生む
(4)地球を守る「自己超越産業」が巨大産業となる

14 組織のDX:未来の組織と社会

情報技術の進化が組織や社会や経済を変えていく。こうした変化をどこまで俯瞰できるか。

(1)デジタルと共に進化する組織の形
(2)登場しつつある新しい文明のカタチ
(3)資本主義の未来

15 未来の創造、戦略のDX : 破壊と創造を続ける者のみ生き残る
否応なしに押し寄せる「破壊の波」は、同時に「創造の波」でもある。この波を正面から捉え、変化に対応し、新しい事業を創造していくための戦略や方向転換を模索する。

STEP1:変化を直視する
STEP2:過去の成功を捨て、創造領域を定める
STEP3:新たなチャレンジを始める

参考文献:河瀬ッ誠著『経営戦略ワークブッ ク』『戦略思考コンプリートブック』『新事業開発スタートブック』『海外戦略ワークブック』(以上、日本実業出版社)『戦略思考のすすめ』(講談社現代新書)『マンガでやさしくわかる問題解決』『課題解決のレシピ』(日本能率協会)。

写真の説明はありません。

 

| - | 05:51 | comments(0) | - | ↑TOP
ITの主役はコンピュータ、DXの主役は人材

ITの主役はコンピュータ、DXの主役は人材

1.「富士通をもっとおもしろい会社にしたい」--一大改革を進める人事トップとDX請負人。(DX)企業へ向けて一大改革に乗り出した。社員全員をDX人材。https://japan.zdnet.com/article/35158958/…

2.ニューノーマル(新常態)に向けた新たな働き方として「Work Life Shift」を推進。「通勤という概念をなくす」「現状のオフィス規模をこれから3年かけて50%程度に見直す」「適材適所ではなく“適所適材”を実現する」といった発言。多くの日本企業に変革へと広がっていくように貢献も当社の使命。

 

3.社内では、ジョブ型はグローバルスタンダードな格付けのジョブベースでベンチマークをしながら、市場価値に合わせた報酬に移行するための施策。社員全員のDX人材化について、「富士通がDX企業になるカギは『全社員13万人をDX人材にできるか』」。表に示したのが、富士通の社内DX推進の概要。

4.DX人材になるためには単に学習してスキルを高めるだけでなく、社員一人ひとりのカルチャーやマインドセットを変えていかなければならない。DX人材になるために最も大事なこと。カルチャー、マインドセットが最も大事だ。デジタルマインドセットは、あらゆる価値観を逆転させる必要がある。

 

5.価値観を逆転させるとは、元MITメディアラボ所長の伊藤譲一『The Principles of AI』と題して、9つの価値観の逆転について発信。9つの価値観の逆転とは、今までが間違っていたわけではなく、時代が変わったということ。

6.今の時代に合わせた価値観やルールに変えていかないと何事もうまく行かない。DX人材になる上でのマインドセットでいうと『会社は何をしてくれるのか』ではなく『自分はどう学べばよいのか』という心構えが大事で、それが自立ということ。Work Life Shiftの根本だ。

 

7.「富士通をもっとおもしろい会社にしたい」--一大改革を進める人事トップとDX請負人の思いとは - (page 3) - ZDNet Japan https://japan.zdnet.com/article/35158958/3/…@zdnet_japan

| - | 05:15 | comments(0) | - | ↑TOP
デジタル庁の推進

デジタル庁推進

https://ameblo.jp/itaoki/entry-12627135011.html

1.政府は来年にも個人のマイナンバーと預貯金口座を連動させる。個人向けの給付の手続きなどをマイナンバーカードだけでできるようにする。義務付けはせず選択制にする。首相が掲げる行政デジタル化の切り札と位置づけ、来年1月召集の通常国会で法整備をめざす。以下 ブログへ

| - | 08:36 | comments(0) | - | ↑TOP
日鐵は海外M&Aへ

日本製鉄 成長は海外M&Aで実現する

 

1.日本製鉄は東南アジアを軸に海外鉄鋼会社のM&A(合併・買収)を検討する。新型コロナウイルス収束後は自国産化や保護主義による「市場の分断」がさらに進むと想定。現地鉄鋼メーカーに資本参加して現地生産化する同社の「インサイダー戦略」に再び乗り出す。

 

2.「インドは間違いなく需要が伸びる。西部臨海地域の製鉄所を買ってインサイダー化したので、もう1つ、2つ東海岸で絵を描ける」。日鉄の橋本英二社長は1日の記者会見で、業績不振の霧の中で見つけた一筋の光明とばかりにインド事業の伸びしろの大きさを強調した。日鉄と世界鉄鋼最大手のアルセロール・ミタルとが2019年に共同買収した現地の鉄鋼メーカー、AM/NSインディア(旧エッサール・スチール)のことで、20年4〜6月期のEBITDA(利払い・税引き・償却前利益)は黒字となり、足元で業績は底堅い。

 

3.同社の最大の経営課題は国内製鉄事業の立て直しだ。需要縮小に合わせて生産体制をスリムにしてコスト競争力を高める。そのうえで、8月20日の記事「日本製鉄、電磁鋼板に『チャイナショック』の試練」のように、電磁鋼板など高級鋼材に生産をシフトする。

橋本社長は「今の注文構成では国内の鉄鋼事業は黒字にならない。中国のコストがマージンを決める低採算品は生産を減らす。一方、電力や電気自動車(EV)向け電磁鋼板は高い価格が見込めるため大きな投資をしている」と国内製鉄事業の方針を明らかにした。ただ、国内市場を中国製鋼材の攻勢から守れたとしても、限られたパイの中で高い利益成長が見込めるわけではない。

縮小均衡の国内市場に比べて、海外市場には成長余地がある。日鉄はそこにM&Aで打って出る。新興国で現地メーカーを育成する動き。

| - | 06:22 | comments(0) | - | ↑TOP
政局で消された経済対策

政局で消された経済対策

https://ameblo.jp/itaoki/entry-12626579082.html

1.インフレ率についてコアコアCPIが確実で、▲0.4%という落ち幅は、2013年春以来だ。宿泊料は対前年比▲7.1%で、ゴーツーでもこの状況で観光需要が劇的に回復するはずもない。日本経済の再デフレ化が進んでいる。菅内閣はコロナ恐慌対策として大規模経済対策の声を上げる時だ。以下、ブログへ

| - | 04:04 | comments(0) | - | ↑TOP
台風の目 大臣

台風の目 河野大臣

1.首相臨時代理の5閣僚の順位指定。臨時代理は、首相が海外訪問時や病気などの理由で職務遂行が困難になった場合に就くもので、予めその順位を決めておくもの。筆頭は麻生副総理兼財務相、2位は加藤官房長官、3位は茂木外相で、4位が河野になった。

 

2.「俺はつくる。ぶち壊すのは河野にやってもらう」と菅首相は、周辺にこう語った。ここで言う「河野」とは、ポスト安倍の一角と見られながら、所属する派閥、麻生派が菅支持を決めた途端、出馬を断念した河野太郎で行政・規制改革担当相に就任。省庁を持たない担当大臣は格落ち人事だが、さにあらず。

 

3.河野は筆まめなのだ。防衛相として各基地の現場視察した際、名刺交換した人たちには、すぐさまお礼の絵葉書を出し、省内の人気度を上げた。筆まめといえば領袖麻生は毛筆で令状を書く。近年は電話やメールで済ませる議員が多い中、合理主義とは違った一面で周囲を引く着ける。

 

4.「冷静に論理的に話している時はいい。頭に血がのぼってしまうと、怒りに任せて何を言い出すか分からない。思い込んだら、後には引かない」。麻生も「河野に足りないのは常識」と指摘してきた。評価は異端児。もし仮に、河野が首相になったら何をしでかすか分からない。まんざら大げさな話ではない。

 

5.菅首相は河野に絶大な期待を寄せて行政・規制改革担当相にしたというが、そうではない。ホンネは、やればやるほど恨みを買う担当相に河野を据えた。突破力を買いつつも、その後のことも考えた人事だ。河野が初入閣した際、菅官房長官とすれ違うと目が泳ぎ、言動や態度とは散って気が弱いのだ。

 

6.かつては脱原発の急先鋒として党内でも浮いた存在だった。初入閣後、その旗印を下ろし、今や次期首相候補だ。「発信力」「実行力」という強い光がある一方、氏が持つ影の部分が色濃く見える。本当に首相に相応しいと言われる日は来ないだろう。

| - | 09:56 | comments(0) | - | ↑TOP
アベノミックス評価

緊縮財政で苦しむ国民 アベノミックス評価

https://ameblo.jp/itaoki/entry-12620810761.html

| - | 06:14 | comments(0) | - | ↑TOP
Industrial IoT

Industrial IoT

1.IIoTとは、Industrial Internet of Thingsの略で、

Industrial [IoT](https://www.keyence.co.jp/ss/general/iot-glossary/iot.jsp)

と表されることもあり「製造業における、モノのインターネット」を意味する。製造現場の生産・加工機器やそれらを含むシステムと、各工程に関する情報をセンサやカメラなどで収集。それらの情報をインターネットで共有することで実現する、技術やサービス、ビジネスモデルを指す。

 

2.モノ/コトをNWでつなぎ、データ収集/分析や自動操作などによって新たな価値を創出するコンセプトがIoTだ。その名が示す通り、製品、センサー、生産設備などが無線/有線でNWが繋がっていることが前提。中でも、産業分野向けのIoTである「IIoT」は、製造業、物流、石油、ガス、輸送など幾つもの業界で活用されている。

以下

https://ameblo.jp/itaoki/entry-12621314244.html

| - | 06:38 | comments(0) | - | ↑TOP
第2波や第3波への対処法

第2波や第3波への対処

https://ameblo.jp/itaoki/entry-12615649557.html

| - | 05:17 | comments(0) | - | ↑TOP
ナチスでも正当な選挙の洗礼があった

ナチスは正統な選挙で選出されたが

1.香港や大陸で居住している日本人たちには何が起こるかわからない。これまでも多くの日本企業の従業員が不明瞭な理由で逮捕・監禁されてきたが、中国共産党に対して抗議の声を上げた日本企業は無いし、日本政府も弱腰だ。従業員の安全・安心・生命を守れない企業は従業員を香港や大陸に置けない。

2.同じようなことは過去、ナチス独に対する世界の国々からの評価でも起きている。チャーチルが政権につくまでは、媚ナチ派チェンバレン首相が融和的な態度を維持し、それがナチスを増長させポーランド侵攻に至る原因の1つになった。今はナチスは極悪イメージしかないが、1933年国民投票で正統に政権を獲得した。

3.ヒットラーはプーチンのように普通選挙で選ばれているから、その他の民主国家もヒットラー率いるナチスを尊重していた。普通選挙を経ていない中国共産党の指導者たちは、非民主主義的だ。39年のポーランド侵攻までは、ナチス支持派が欧州にも多数いたし米国もだ。

4.特に独国民にとって、ヒットラーはアウトバーンを建設し、第1次大戦でボロボロになったドイツに諸外国に負けない防衛力を復活させた英雄であった。以後も、ナチス容認を続けたのがルーズベルトだ。彼自身が媚ナチ派で、米国全体、特に経済界がナチス独との関係継続を望んでいたからだ。

5.その証拠に1941年12月に日本が真珠湾を攻撃するまで、米国は英仏を助けてナチス独と戦おうとはしなかった。強い反日のルーズベルトは、日本に様々な圧力を与え続け、日本を口実に第2次大戦に参戦するという戦略だった。愚かにも日本はその戦略に乗せられ、真珠湾を攻撃する結果になった。

6.大空の英雄リンドバーグがナチスを称賛していただけではなく、多くの米国企業がナチスとの取引に積極的だった。米国の大手コンピュータ(パンチカード式)メーカーの創業者が、ナチスから叙勲された。色々な批判を浴びて返還したが、アウシュビッツなどの強制収容所でも使われていた。
7.ナチスが現在のように絶対的悪として扱われるようになったのは、米軍兵士がアウシュビッツなどの強制収容所に乗り込んで、惨状をその目で確かめてからだ。同じことが共産中国にも言える。ウイグルやチベットは共産党の厳しい管理のため実態が不明だ。今、中国を礼賛していると間違いなく黒歴史になる。
8.中国大陸に進出する際には、色々な優遇措置があり大歓迎される。いざ撤退するとなると「万里の長城」のようなハードルが待ち構えている。「有り金を全部おいて、さらに追い銭を払わないとここから出さないよ」という仕組みなのだ。退却しようとする企業の社長や幹部が従業員に監禁される事件もある。
9.中国に進出した企業は現在「行くは地獄、帰るも地獄」の状態に追い込まれている。もともと中国大陸で稼いだ利益の持ち出しには厳しい制限がある。儲かっているように見えても、その儲けは中国大陸で再投資するくらいしか使い道がない。商品として利益を持ち出し日本で換金し円を手にする手法の企業も多い。
10.中国大陸からの撤退は全てを失うだけではなく、追い銭まで払わされる。投資には「見切り千両」という有名な言葉があり、判断を間違えたときでも少ない額で損切りをして莫大な損失から逃れることができれば、その見切りという行動には千両の価値があるということだ。

11.確かに、現在の中国大陸からの撤退は損切りになる場合が多いでが、それでもそれ以上の莫大な損失と、永遠に黒歴史を背負うよりは遥かにましである。

https://news.yahoo.co.jp/articles/

bba097bbc17ed96daaf5095267b48c32ab998a9d?page=1

| - | 05:13 | comments(0) | - | ↑TOP
SPONSORED LINKS
PROFILE
LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
新着コメント
新着トラックバック
MOBILE
qrcode